フランス映画のフィルムノワール作品おすすめ5選。オタクが厳選。

当ブログでは一部アフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

フランス映画のフィルムノワール作品を観てみたいけど、まず、どれを観れば良いかわかりませんよね。

フランス映画のフィルムノワール作品には傑作が多く、ハリウッドのフィルムノワールとはまた違った魅力があります。

今回紹介するのは、その中でも特に傑作といえるものなので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもフィルムノワールとは?

そもそもフィルムノワールとは、暗黒映画と呼ばれ、犯罪をテーマとした作品のことを指します。

「フィルムノワール」という言葉自体、実はフランス語で、元々はフランスの映画監督が1940〜50代のハリウッドの暗黒映画を指して使うようになったのがきっかけです。

それからフランスでもフィルム・ノワール作品が作られるようになり、次々と傑作を生み出していきました。

フランス映画フィルムノワール作品の魅力

独特な雰囲気とスタイル

フランスのフィルム・ノワールは、独特の雰囲気とスタイルを持っています。ダークで陰鬱な雰囲気、影の効果、モノクロの映像などが特徴的。

そうした独特な雰囲気が物語の深みと複雑さを引き立てます。

ストーリーの複雑さとキャラクターの深み

フランスのフィルム・ノワールはまた、複雑なプロットや深みのあるキャラクターを特徴としています。

登場人物の心理や倫理的な葛藤など、単なる犯罪の解明だけでなく、人間ドラマにも焦点を当てています。

社会的・政治的なメッセージ

フランスのフィルム・ノワール作品には、社会的なテーマや政治的なメッセージが含まれているときがあります。

時代背景や文化的な影響を反映しており、単なるエンターテインメント以上の意味を持っています。

では、これから具体的にフィルム・ノワールの傑作を紹介していきますね。

サムライ(1967)

監督: ジャン・ピエールメルヴィル

「サムライ」は名匠ジャン=ピエール・メルヴィル監督の代表作。

日本の武士を、パリに生きる孤高の殺し屋に見立て、サムライの精神を表現した作品です。

フィルムノワールの傑作として知られ、メルヴィル・ブルーと呼ばれる独特の青の世界と共に、アラン・ドロンの美しい容貌に浸ることができます。

あらすじ

孤高な殺し屋ジェフは、中折れ帽とトレンチコートに身を包み、仕事に向かう。ジェフの標的はナイトクラブの経営者で、見事にその任務を果たしたが、立ち去る際に女性歌手ヴァレリーに顔を見られてしまう。警察の一斉検挙によりジェフも連行されるが、ヴァレリーの嘘の証言により釈放される。しかし、疑念を抱く刑事がジェフを尾行することになり…

配信

  U-NEXTで観る  »

無料で30日間見放題!

   Prime Videoで観る   »

無料で1ヶ月間見放題!

 TSUTAYA DISCASで宅配レンタル »

死刑台のエレベーター

鬼才ルイ・マル監督の長編処女作『死刑台のエレベーター』。

モーリス・ロネ演じる完全犯罪をなし遂げた後の男と、その不倫関係にあるジャンヌ・モロー演じる女の悲劇を描いた作品。

マイルス・デイビスによる即興演奏が取り入れ、フィルムノワール作品らしい、独特の雰囲気を生み出しています。

あらすじ

土地開発会社の技師、ジュリアンは社長夫人フロランスとの禁断の情事にのめり込み、彼らは社長の自殺を装って犯罪計画を実行する。しかし、犯行後、運命が狂いだす。社内で残された証拠に気付いたジュリアンは現場に戻ろうとするが、週末の電源落としでエレベーターに閉じ込められてしまう。

配信・レンタル

無料で1ヶ月間見放題!

  U-NEXTで観る  »

無料で8枚レンタル可能!

 TSUTAYA DISCASで宅配レンタル »

仁義(1970)

監督: ジャン・ピエール=メルヴィル

「サムライ」と同じく、ジャン・ピエール=メルヴィル監督、アランドロン主演の「仁義」。

フランスでは433万人以上の観客を動員した大ヒット作。

お金や友情が絡んだ、混迷したフィルムノワールの世界観が楽しめます。

あらすじ

マルセイユの刑務所を出たばかりのコレーは、かつての仲間リコに”貸し”を返すよう迫るが、断られてしまう。しかし、一喝して手に入れた大金を手に、パリへと向かう。途中、列車での脱走犯ヴォーゲルがコレーの車のトランクに忍び込む。追手に捕まりそうになったコレーを、ヴォーゲルが助け、二人の友情が芽生える。だが、銃撃戦で手に入れた金が穴だらけになり、一文なしの状況に追い込まれ、コレーは…

配信

無料で1ヶ月間見放題!

  U-NEXTで観る  »

無料で8枚レンタル可能!

 TSUTAYA DISCASで宅配レンタル »

大いなる幻影(1937)

監督: ジャン・ルノワール

フランス映画の巨匠・ジャンルノワールの傑作「大いなる幻影」。

第1次世界大戦を背景にドイツ軍の捕虜となったフランス軍人たちを描いたフィルムノワールで、映画監督や映画ファンから高い評価を受ける作品です。

この作品を見終えたあと、「大いなる幻影」というタイトルが戦争に対してもつ意味が深く理解できるでしょう。

あらすじ

第一次世界大戦の烈火が燃え盛る欧州戦線。捕虜となったフランスの中尉、マレシャルと大尉、ド・ボアルデュー。彼らは敵対するドイツ軍人と、捕虜仲間の中に混じったユダヤ人銀行家ローゼンタールと親交を深める。祖国のために何度も脱出を試みる中、ボアルデューはラウフェンシュタイン大尉に射殺され、残されたマレシャルはローゼンタールとともに敵陣を逃げ惑う。

配信

無料で1ヶ月間見放題!

  U-NEXTで観る  »

無料で8枚レンタル可能!

 TSUTAYA DISCASで宅配レンタル »

穴(1960)

監督: ジャック・ベッケル

「穴」は実際の脱獄事件をもとに製作された映画で、フランス製フィルムノワールの創始者とも呼ばれるジャック・ベッケルの代表作。

実際に脱獄を試みた実行犯のジョゼ・ジョバンニの小説を原作としており、全編刑務所だけが映し出され、囚人たちの脱獄を試みる様子がこれでもかというくらい緻密に描かれ、異様な雰囲気が漂う映画です。

今でも人気が高く、フランス映画史を語る上では外せない作品の一つです。

あらすじ

パリのサンテ刑務所で、4人の囚人たちが長い間温めてきた脱獄計画。新たな仲間、ガスパルが加わり、彼らの絆は穴を掘る中で深まっていく。しかし、決行の前日、ガスパルは署長に呼び出され、まさかの釈放を告げられ

配信

無料で1ヶ月間見放題!

  U-NEXTで観る  »

無料で8枚レンタル可能!

 TSUTAYA DISCASで宅配レンタル »

フランス製フィルムノワールの耽美な世界に触れよう

いかがだったでしょうか。

フランス製フィルムノワールの魅力は、なんといっても耽美な世界観です。

これを機会にフランス製フィルムノワールの作品に一度触れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です